CFラミネート工法研究会 home
CL研第15回定時総会報告

平成29年6月13日14:40〜15:30 主婦会館プラザエフにて開催

平成28年度事業報告及び平成28年度決算報告、平成29年度事業計画及び平成29年度予算が可決承認された。また、今期の理事9名は、8名が再選されて1名が改選された。

2017年CL研第15回定時総会

平成29年度専門委員会及びWGの活動計画として、次の説明がなされた。

(1)技術専門委員会
施工研修会開催・施工責任者資格認定証発行、施工責任者資格認定証の更新、技術説明会開催、CFラミネート施工事例の収集、施工技術・補修計画の支援
(2)広報専門委員会
会報No.16及び補修・補強施工事例集(平成30年3月末現在)の編集と発行・ホームページ掲載、新聞雑誌広告掲載、ホームページのコンテンツ更新
(3)指定建築材料WG
CFラミネートの建築基準法指定建築材料指定取得に向けて、新たな取り組みを検討、CFラミネートの設計基準強度の策定に必要な各種試験等を推進
2017(平成29)年 第18回施工研修会を開催しました。

技術専門委員会では「施工責任者」資格認定のため、運営委員会の協力の下、施工研修会を毎年開催しています。

本年、2017(平成29)年度も第18回施工研修会を開催しました。
6月29日(木曜日)に会場は昨年と同様の東京都府中市の東京都立多摩職業能力開発センター府中校での開催となり、首都圏の会員様を中心に北海道、宮城、新潟、愛媛から昨年を上回る計29名にご参加いただきました。

「CFラミネート工法」はその優れた作業性に加え、工期短縮が可能であることが大きな特徴ですが、その性能をフルに発揮するため、また安全に作業していただくためには実作業に従事される方々が正しい方法で施工することが必要不可欠です。
また、CFラミネート工法は研究会が認定した「施工責任者」が現場に常駐し、その指導の下「工事作業者」が日本建築総合試験所(GBRC)性能証明に従って実施することになっています。

施工研修会では、まず講義室で材料・工法・設計・安全に関する詳細説明を行い、続いて施工管理で必要となる「施工計画書・施工報告書」に関する座学を行い、昼食時間を挟み、実習会場においてコンクリート構造物を想定したコンパネ板にCFラミネートを実際に貼り付ける実習を行いました。(会場の都合上、下地処理、切断はビデオにて説明)
本研修会は今後も継続開催する予定ですので、会員の皆様方には積極的にご参加いただきますようお願いいたします。

 
座学 実習1 実習2